増毛するしかなかった

薄毛の悩みと開き直り

私が薄毛に悩まされる様になったのは二十代の半ばあたりからです。
最初は髪の毛がやけに抜けるな、と思っているだけでさほど気にしていませんでした。
時が経つにつれ、頭頂部の毛が細くなり、やがて側頭部とおでこの上の一部を残し、薄毛が目立つようになってきました。
さすがにまずいと思って、高額な育毛剤を買ってきて試してみましたが、なんせ高額でなかなか続ける事が出来ずに諦めてしまいました。今思うとそこが別れ道だったのかと思います。
しかし、育毛剤は諦めましたが、小さい努力は続けていました。例えば、薄い部分を中心にマッサージをしたり、髪の毛が増えると当時言われていたワカメなどの海藻類を食べる。色々と挑戦していましたが、結果に現れませんでした。
そんななか、好きな女性ができたんですが、どう贔屓目に見ても、禿げている私とでは、釣り合わないと思い、くよくよと悩んでいました。

なので薄毛を増毛させるしかないと考えるようになったのです。ただ、お金がかかるので、その点だけどうにかクリアしようと、父に一部負担してもらうことを約束してもらい、ネットなどで情報収集していました。やすければ、もっと安直な方法もありましたけど、根本的な悩みの解消にはならないので、最終的にマープナチュレをしてみることにしたんです。

やっぱり髪があるのとないのとでは、違うので。今にして思えば、もっと早く行けばよかったと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です