薬剤師求人でドラッグストアで働くメリット

薬剤師求人でドラッグストアで働くと、時給がかなり高いので頑張りやすい、暇な時間がある、パートもできるなどがメリットです。薬を扱える特殊な職業なため、薬剤師として働くと高額な時給を設定してくれます。そのため、頑張り続けることができれば高収入につながります。求人で採用直後は新人扱いなので低いですが、すぐに上がっていくので問題ありません。あと、午前10時から12時の間、午後2時から4時の間はお客が少ない時間帯なため、雑談も可能です。店内にお客がいない状況の際は、パートの人や同僚の薬剤師と雑談をしても大丈夫です。ただ、お昼と夕方時は繁忙期なので、雑談をしていると怒られるので注意です。食品コーナーが混雑してきた時は、人手が足りない場合は同僚に薬品売り場をお願いして、レジのほうへ助っ人に行きましょう。無難に仕事をこなし、繁忙期を乗り越えると、上司に褒められる結果につながります。また、ドラッグストアはパートとして働くことも可能です。夕方6時から9時、午前の10時から午後1時までなど、どちらかを選べるので便利です。パート求人に応募する方法は、新聞の折込チラシに入って来るドラッグストアの広告の隅に、パート募集中と書いてあることがあります。それを見たと連絡すれば面接してくれます。

おすすめは:薬剤師求人を京都で探すのにおすすめの求人サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です